読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲に鳴く。

趣味の小説書き、雲鳴遊乃実のブログです。創作サークル綾月所属。個人サークル鳴草庵代表。

『悪文』

感想

 

 

 

悪文―裏返し文章読本 (ちくま学芸文庫)

悪文―裏返し文章読本 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

 

 

  よくよくお世話になっている中村明さんの著作であり、前回紹介した『名文』の姉妹本です。とはいえ、内容は文章の技術に関するエッセイと捉えて良いと思う。
  正直なところ、期待した内容とは違いました。『名文』の方は全体の半分以上が著作からの引用解説となっており、ブックガイドとして楽しめましたが、『悪文』は文章の書き方論に終始しています。悪文と名文は似ていると言っていた著者なのだから、あらゆる著作からの悪文を引用解説するのかなーとも思っていたのですが、そうはなりませんでしたね。
  ただ、もちろん気をつけなきゃならないことはたくさん書いてありましたので、有用な本であることは確かです。問題は僕がこの手の本をすでにいくつか持っているということです。うーん。井上ひさし高橋源一郎スティーブン・キング、その他よくわからない海外作家のものまで、気がつけば結構集めていましたね。
  文章読本一口に言いましたが内容はそれぞれ違いがあります。中村明や井上ひさしのは文章を書く上での注意点ですが、スティーブン・キングのは小説としての構造まで踏み込んでいましたし、高橋源一郎のはむしろ書く上での気構えの話になっていました。思い出せないだけでまだまだありますが、思い出せないのだから大した内容じゃないのでしょう。もしくは他の文章読本と同じような内容なのかと。
  『悪文』はエッセイとしての趣がありましたのでまだ記憶に残りそうです。『名文』で紹介されていて気になっていた高田保小沼丹などの名前がちらっと見えたりしたのも良かった。問題はそれらの作家の著作がもうほとんど書店じゃ見つからないことです。手軽に済ますにはやはりamazonで頼むしかない。いつかは古本屋街でじっくり探してみたいものです。