雲に鳴く。

趣味の小説書き、雲鳴遊乃実のブログです。個人サークル『鳴草庵』

自己紹介

雲鳴遊乃実と書いて「くもなきゆのみ」と申します。

趣味として小説執筆を継続中。

 

《web小説》

投稿サイトにて自作品を発表しています。

現在の主な活動場所 カクヨムhttps://kakuyomu.jp/users/yunomiss

過去作の保管場所  小説家になろうhttps://mypage.syosetu.com/817650/

 

一覧ページはこちら【一般小説】【ブーン系小説

 

《小説同人誌》

文章系イベントで一次創作小説の紙本の頒布を行っています。

文学フリマ(東京)【https://bunfree.net

Text-Revolutions【http://text-revolutions.com/event/

 

《ブーン系小説》

特殊な小説形式であるブーン系小説の掲載サイト運営並びに創作を行っています。

ブーン系まとめサイト「生首を読んでみろ」【http://cloudcrying.blog.fc2.com

ブーン系用アカウント【https://twitter.com/byebyecloud9876

 

《感想文 他》

右カテゴリ欄(スマホでは下)よりどうぞ。

【感想】盤上の敵(北村薫)

北村薫作品の中でもとりわけ異質な作品がある。

そんな噂を聞いたのはいくらか前のことだった。

日常の謎で、人間の悲しさや優しさを、読みやすく染みいるように語ってくれる。

僕が持っている北村作品のイメージはそのようなものだったので、異質というからには人間の残酷さが描かれているのでは、くらいの認識でいた。

 

この夏にようやく、読む機会を得た。

猟銃を奪う描写から始まり、立てこもり事件が発生する。その家の亭主と、彼の妻との二つの視点が交差する。妻の方は過去の物語を誰かに語るスタイルだ。

表現力は遺憾なく発揮されている。何気ない日々の描写に奥行きが広がっている。このあたりは他の北村作品と同じだった。

序盤戦が終わる頃には、主人公の二人の人間性は明らかになる。この二人には傷ついて欲しくないと思わせられ、先に触れた噂のことを思い出して暗澹としながら、ゆっくりページを捲っていった。

 

おかげさまで、すべてが裏目に出た。

異色ではあるが、異質ではない――解説に記載されているこの言葉は実に的を射ている。

この作品は他の北村作品と何も違わない。

そこにあるのは日常だった。優しささえも同じだったと言えるだろう。

だから多分、僕の認識が甘かっただけで、日常は決して、甘いものではなく、そこには悪意があるし隠れてもいないのだ。

 

桂の林の描写が余韻を残す。

ハートの形をした葉、と作中では描かれているのに、最後には心臓と描かれている。

たったそれだけで印象が違う。ハートだったらかわいらしいシンボルだ。

心臓といえば急所のことだ。機能からして命と言い換えても良いだろう。

その心臓に囲われて、優しい世界を祈る。その切実さがとても苦しかった。

 

盤上の敵 (講談社文庫)

盤上の敵 (講談社文庫)

 

 

以下、ネタバレあり感想

続きを読む