読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲に鳴く。

趣味の小説書き、雲鳴遊乃実のブログです。創作サークル綾月所属。個人サークル鳴草庵代表。

「話して考える(シンク・トーク)」と「書いて考える(シンク・ライト)」 (集英社文庫)

引用保管

 私は『「新しい人」の方へ』のエッセイのひとつに、「本をゆっくり読む法」ということを書いています。そこで私は、最初に出した『「自分の木」の下で』につないで、こう書きました。《どうしても難しく、読み続けられない時は、もう少したってから、あらためて読む本の箱に入れておくといい。そして、時どきトライしてみることです。》

(p130 子供らに話したことを、もう一度 3 より)

『「新しい人の方へ』、『「自分の木」の下で』はともに大江健三郎のエッセイ集です。

 

 スタイロンは、自分はこれまで書いた小説を無意識の研究に使う気はない、それは文学研究家の仕事だ、といいながら、気がついてみると、自分は精神的な窮地におちいって死にいたる女性、というような人物を幾度も書いてきた、と正直な驚きを告白するところがあります。

(p235 暗闇を見えるものとする 3 より)

 

《私はこれから話し言葉化に巻き込まれるすべてを会話主義と呼びたいが、それが書かれた言説の一般的なスタイルと実質を侵すにいたっているのである。会話のかたちの断片的かつ並列的名性質が一般に現在の文化条件の特性となっている。座談会に出ることに慣れた人間は、書く時も同じようなやり方で考える。日本語の書き方のスタイルは、最近、根本的な変化をこうむりつつあり、その変化が原因であるにせよ、結果であるにせよ、会話主義は支配的なモードなのである。書き手は確かな証拠で支えるための努力をあまりしないまま主張を繰りひろげていいと考えている。会話においてのように、しみ通ってゆく同意と支持を当然だと思う。もし反対と面と向えば、かれらはつねに弁明して忘れることができる。》

(p257 タスマニア・ウルフは恐くない? 3 より)

エドワード・W・サイードの著作『文化と帝国主義』(一九九三年)のうち、日系アメリカ人の知識人マサオ・ミヨシの記述からの引用

 

 文学のテクストのみならず、あらゆるテクストに「文体」というものがあります。そしてそれは、当のテクストを書いている人が、どういう時に、どういう気持ちで、どういう読み手に向けて書いているか、を示します。そしてその上で、書かれている内容よりももっとはっきりと、どういう人間が書いているか、を表現してしまうものなんです。

(p304 講演集を文庫版にするに当っての、しめくくり より)

 

 

 

 

それでも町は廻っている 感想文

感想

ネタバレありの私的な感想文です。

 

死というのは物語を作る上で一度は扱ってみたいテーマでした。

生まれてから積み重ねて来た成長や思い出が、何かの拍子で死を介したが最後、突然全てが無に、というのではあんまりです。

「死後」「あの世」という概念が世界中にあるのも頷けます。

それでも町は廻っている 第二巻 あとがきより

 

 

続きを読む

『優しい衛兵と冷たい王女のようです』 第二十一話 設定資料

ブーン系

ブーン系小説板2で投稿しているブーン系小説、『優しい衛兵と冷たい王女のようです』の、第二十一話を作るに当たって作成した資料を公開します。

 スレッドに記載したことと変わりないです。重大なネタバレも無し。個人的なまとめ用として、載せておきますね。

続きを読む

それはただの美しさだった――『ヘヴン』(川上未映子/講談社)

感想

 川上未映子さんの『ヘヴン』を読了しました。

続きを読む

2017年明けましておめでとうございます。

日記

 僕が干支を初めて意識したのは亥年でした。

 干支というものと年を重ね合わせるようになった、という意味です。

 その年は「猪突猛進」のキャッチフレーズがテレビでよく用いられており、何度も繰り返されるものだからすっかり憶えてしまったのです。

 他に憶えていることといえば、金田一耕助シリーズの特別ドラマが稲垣吾郎主演で毎年の初めに放映されていたことくらいです。何の回だったかも憶えておりません。バラエティも何かしら見ていたはずですが、そちらもさっぱり。

 前回の亥年は平成19年、僕は高校生になりたてでした。そういう意味でも区切りがよく、意識するのにちょうど良かったのかも知れません。

 

続きを読む

2016年の執筆状況を総括する

日記

 一昨日、昨日と読書遍歴を総括して参りました。受け身としてのまとめですね。

 今回は創作活動の遍歴を見ていきたいです。

 

続きを読む

2016年の読書遍歴を総括する(後半)&今年のお薦め10冊

日記

 それでは後半行ってみましょう。

 

続きを読む