読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲に鳴く。

趣味の小説書き、雲鳴遊乃実のブログです。創作サークル綾月所属。個人サークル鳴草庵代表。

文学フリマに出店します。

 第二十一回文学フリマ東京に出店者として参加します。

日時:2015年11月23日(月・祝) 11時~17時

場所:東京流通センター 第二展示場

ブース:B-43(一階右側奥)

 

 出店する作品は今のところ一冊を予定しております。

 『翔兎乃音』というタイトルで、124ページ。持ち運びやすい文庫サイズです。発行部数は30部。まさか無くなることはないだろうとは思います。値段設定はこれから考えるんですが、儲けとかは全然考えずに提供するつもりです。

 商品は直接会場に搬入するよう出版社さんには頼んであります。ちゃんと届くかな。出店すること自体が初めての体験なので、なんだかそわそわしてしまいますね。

 

 そわそわすると書くこともままならなくなります。入稿を終えて一週間ちょっと経つのですが、ここ最近はひたすら書くこと以外のことをしていました。仕事ももちろんだし、パソコンを買い換えたり、ゴミ拾いしたり、買い物したり、絵を描いていたり。本はむしろ読まなかったね。

 手を出してみたことそれぞれについて書いてみたいことはいろいろあるのですが、近況報告の記事に書くのも変なので、触れないで起きます。

 最近は何かするとだいたいtwitterに書いてしまいます。ブログで書くのがどうしても億劫になってしまう。もちろん内容にもよりますが、なるべくなら考えたことや感じたことはブログに書いてしっかり残しておきたいな、とブログに触れている間はいつも思う。帰ってくると疲れちゃうのをなんとかしたいね。

 

 疲れているときは頭を使わないことをしたくなる。twitterもそうだし、動画を見たり、ネットニュースの記事を読んだりするのは、どちらかというと頭を使わないことです。基本は見ているだけですからね。それについての感想もとっても簡素でかまわない。暇潰しというか、身体を動かしたくないというか。意識しなければどこまでも流されていけちゃいそうです。

 怖い怖い。時間はあっという間に過ぎていく。時間は惜しんでしかるべきです。ついつい学生ののりで時間を無駄に使う。

 こう書くと抽象的ですが、たとえば何かに取り組むときに下調べをせず頭突っ込んでみるということも、時間を蔑ろにする一例ですね。いっぱい経験しましたよ。あまり良いことじゃありません。無理を通して返ってくるのは、足のむくみだけなのです。

 

 長々書いているとまとまらなくなるのでこのあたりで区切りをつけたいと思います。出勤の時間に間に合わなくなったら元も子もないですしね。

 11月23日、絶不調に見舞われない限りは出店いたしますので、どうぞみなさんよろしくお願いします。

 それではまた。