雲に鳴く。

趣味の小説書き、雲鳴遊乃実のブログです。創作サークル綾月所属。個人サークル鳴草庵代表。

『三日月転じて君を成す』について(前)

2017年ブーン系紅白の話 ※自作品のことしか話しません。感想を読みたい人は余所に行きましょう。 8月に行われたブーン系作品投下祭り「ブーン系紅白2017」にて、拙作『三日月転じて君を成す』を投下しました。そのことについて書いていきます。

批判について

好きな小説は何ですかと聞かれたときには割とすぐに答えられるけれど、嫌いなのはどうかと聞かれるとなかなか上手くは答えられない。 もしも質問主の好きな作品を否定してしまったらどうしようとか、そういう後ろめたさからくる感情ではなくて、嫌いな作家と…

コンセプトについて

初めて即売会に参加したとき、最も苦労したのは、自作の説明を求められたときだった。 そのときに頒布していたのは、ネットで公開していた作品のうち出来の良さそうなものを寄せ集めた短編集だった。なおさら、どんな作品かと聞かれて、一言で答えるのは難し…

『ネットは基本、クソメディア』(中川淳一郎/角川新書)

出張の合間に、直截なタイトルに釣られて買った。 黎明期のネットメディアからキュレーションサイト問題、昨今の情勢を踏まえた説明がなされていて、情報量も多く、実際の経験談も多数交えている。タイトルからもわかるとおりクソって言いまくっててなんだか…

プロットについて

物語の筋立てをお勉強する書物は数多くあるし、僕も一時期嵌まっていくらか仕入れたことはある。読めば読むほどのめり込むし、物語のトレーニング法と称して簡易なフローチャートを勧めてくるものもある。当然これもやってみた。百個くらい書いたが、パソコ…

描写について

前の文章にあったあの描写の意味は、実はこういうことだったんだ。 この種の感想を抱かせる物語上の工夫には、布石や伏線などといった名前が与えられる。 綺麗に伏線を回収していくことは憧れであるし、何らかの工夫が上手くいってほしいものだと願う心境は…

小説を書く経緯

高校一年生のときに森見登美彦の『太陽の塔』を買った。記憶が正しければ、生まれて初めて自発的に小説を購入した瞬間だった。 自発的といっても、外圧が全くなかったとはいえない。僕の場合は進路指導の先生との面談で、高校生なのだから小説を読んでおきな…

#1rtごとに1話~

経緯は以下のとおり。 #1rtごとに1話書いてやんよwwwwwwwwwwwwww俺を物書き地獄にして殺してみろよwwwwwwwwwwwwwwwwwwどうせ無理だろうがなwwwwwwwwwwwwwww空気通ります — 雲鳴遊乃実 (@teacupboy1) June 6, 2017 各話リストはこちらから↓ 彼らの日々 - 1人…

第二十四回文学フリマ東京に参加します。

c.bunfree.net 5月7日に開催される第二十四回文学フリマ東京に参加します。 ブース番号はD-25です。サークル名は鳴草庵。 今回は、まだまだ在庫に余裕のある『From AI to U』と新刊『時をかける俺以外』の二冊を携えます。 ジャンルはどちらもSFとしていま…

「話して考える(シンク・トーク)」と「書いて考える(シンク・ライト)」 (集英社文庫)

私は『「新しい人」の方へ』のエッセイのひとつに、「本をゆっくり読む法」ということを書いています。そこで私は、最初に出した『「自分の木」の下で』につないで、こう書きました。《どうしても難しく、読み続けられない時は、もう少したってから、あらた…

それでも町は廻っている 感想文

ネタバレありの私的な感想文です。 死というのは物語を作る上で一度は扱ってみたいテーマでした。 生まれてから積み重ねて来た成長や思い出が、何かの拍子で死を介したが最後、突然全てが無に、というのではあんまりです。 「死後」「あの世」という概念が世…

『優しい衛兵と冷たい王女のようです』 第二十一話 設定資料

ブーン系小説板2で投稿しているブーン系小説、『優しい衛兵と冷たい王女のようです』の、第二十一話を作るに当たって作成した資料を公開します。 スレッドに記載したことと変わりないです。重大なネタバレも無し。個人的なまとめ用として、載せておきますね…

それはただの美しさだった――『ヘヴン』(川上未映子/講談社)

川上未映子さんの『ヘヴン』を読了しました。

2017年明けましておめでとうございます。

僕が干支を初めて意識したのは亥年でした。 干支というものと年を重ね合わせるようになった、という意味です。 その年は「猪突猛進」のキャッチフレーズがテレビでよく用いられており、何度も繰り返されるものだからすっかり憶えてしまったのです。 他に憶え…

2016年の執筆状況を総括する

一昨日、昨日と読書遍歴を総括して参りました。受け身としてのまとめですね。 今回は創作活動の遍歴を見ていきたいです。

2016年の読書遍歴を総括する(後半)&今年のお薦め10冊

それでは後半行ってみましょう。

2016年の読書遍歴を総括する(前半)

毎年この時期になると総括記事を書きたくなるものです。 いつもは読んだ本をまとめて羅列して、いくつかお薦めの本をピックアップする、という形式でしたが、だんだんしんどくなってきました。 そもそも羅列することにどんな意味があるのか考えて、それより…

BOOKOFFに1970年代の本を探しに行って懲りた話。

『いつか王子駅で』(堀江敏幸/新潮文庫・2006年発行)を読了した。 ※この記事の発行日は文庫本のそれです。

【文フリ感想文】多様な文藝に触れながら――『棕櫚 第5号』(マルカフェ文藝部)

何度か足を運んでおります、マルカフェ文藝部。 マルカフェっていうのは、東急池上線御嶽山駅からほど近いところにある「大人のための週末カフェ」。時間に余裕があればまた行きたい、なんて思いつつ結局僕はまだ一度しか行ったことがない。それなのにどうや…

【感想文】命を賭して戦うということ――『聖の青春』(映画)

なんとなくまだ胸の内がざわついていた。不調というか、不安定というか、このまま仕事の日を迎えるのも憂鬱。気を落ち着けようと東京へ向かった。 目的は往路で考えた。 電車に揺られながら映画を調べて、『この世界の片隅に』と『聖の青春』で迷って、結局…

夜だから独り言。

僕が中学生の頃、親からゲーム禁止令を言い渡された。ゲームの購入もプレイも禁止。当時持っていたニンテンドー64やゲームキューブ、プレイステーションのソフトは全て親戚に預けられ、帰ってくることはなかった。携帯ゲーム機は何故か家に置いてあった。だ…

【文フリ感想文】清楚さの裏側に見られ、見つめられる――『スロウレイン』(青樹凜音/月と缶チューハイ)

最初に読み終わった作品の方がTwitterをしていないみたいでしたので、いつものようにTwitterに垂れ流すばかりでなくブログにでも書き置きしておこうと思い立ってみました。 「月と缶チューハイ」というサークルで頒布されていた、青樹凜音さんの『スロウレイ…

【感想文】怖さと可笑しさのうらおもて――『夜行』(森見登美彦)

「どうして夜行なんだろう」 私が呟くと、画廊主は微笑んで首を傾げた。 「夜行列車の夜行か、あるいは百鬼夜行の夜行かもしれません」 十年前の鞍馬の火祭、英会話スクールの仲間の一人が失踪した。何一つ手がかりは残されておらず、虚空に吸い込まれたかの…

【感想文】正しいからこそ怖ろしい――『空白の叫び(上)』(貫井徳郎)

久しぶりの貫井徳郎は、奇抜な構成を排した重厚なクライムノベルでした。 まだ上巻しか借りていない状態で感想を書くのは、結論がわからないために不安もあるが、それでも今のところ感じたことを書き置きしておこうと思います。 時代は二〇〇〇年の少年法改…

【感想文】多数派に飲み込まれないように――『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(梨木香歩)

ノボちゃんは、僕の年頃ってのは、いろんなことを考える力を持ち始め、かつ先入観や偏見少なく(なしに、とは言わなかったな、うん)「考える」ことに取り組み始める貴重な時期で、人生に二度と巡ってきやしない。そういう時期に考えたこと、感じたことをき…

読書遍歴を思い起こす(2)

2014年。社会人1年目。本格的に読書を始めようと思っていた僕は、偶然にも敷地内に図書館のある部署に配属されました。これ幸いと人生初の図書館通いを始め、司書さんにもいろいろと相談しながら本を探すようになりました。

読書遍歴を思い起こす(1)

本棚の整理整頓をしてました。 出版社別>名前の順に並び替えるという、それなりの作業です。一度漫画で試したところ大変見やすくなり、見た目にも面白くなったので、今回は自室で一番蔵書の多い文庫本用書架を整理しました。 昔は小説といったら文庫本で買…

近況報告(2016年10月)

ブログに手を加えたついでに近況報告をします。

働かない人たちを掻き集め、世界の終わりに備えよう――『我もまたアルカディアにあり』感想文

アルカディアマンション。 どんなに胡散臭かろうと、ここには唯一無二の特権がある。 働かなくても生きていけるという特権が。 (『我もまたアルカディアにあり』 1 より) だいたいタイトルどおりの話である。

【個人的記録】第四回テキレボ戦利品、実績、および感想

私的内容です。